FC2ブログ

2020-04

「ナナカマドの檻の中」感想 - 2016.12.25 Sun

チャイナ服は正義

お久しぶりです。
生きてます。
バルト三国や台湾に行ったり、とうらぶしていました。
概ね引きこもり生活していた割に、あまりゲームできず、同人誌も1冊しか出せず無念です…。
今年のMVPゲームはフリーゲームの「ナナカマドの檻の中」です。公開されたの2014年ですがね…( ⊙‿⊙)
リサーチ不足で知らぬ間にフリゲの名作が公開終了していそうで怖い…。

コルダ4はEDは一通り見ましたがイベントが全然見れないことに挫けて投げました!
天宮5週位しましたが~12/4の壁が越えられず…。
攻略対象が多すぎて余計なイベントが発生しすぎるんじゃー!!
仲間に加えたいけど好感度は上げたくないジレンマ…。
完璧な攻略方法が明かされたらリベンジするかもしれません。
次回作はAS位の難易度でお願いしたい。

某アニメフィーバーすごいですね。
相乗効果でフィギュアスケートの人気が上がることを祈っています。
せめてGPシリーズは全試合地上波で放送してくれ…。
創作物はもう少しフィギュアスケート勉強して欲しいなという願望。
ツッコミどころ満載で心から楽しめなくて残念です。
ちょっとググれば簡単に調べられる時代なんですから…。お願いします。本当。

では、「ナナカマドの檻の中」の紹介、感想に入ります。
本当に面白いんです!のめり込みます。
紹介文の大部分は製作者様のサイトからの引用です。

□概要
R15(中学生禁止) 
サディスティク・エロティク・非道徳ルートあります
ジャンル:乙女ゲー (謎解き、育成要素有り) 
難易度:簡単(って何だっけ?????←個人の感想です)
対応機種:Windows98/98SE/Me/2000/XP/Vista/7
WEB: http://sorairobaibai.jimdo.com/

□物語
--君は何もかも忘れて、日々すごしていたと思っていた。

私はクープ
館に住むメイドの一人だ
特に可もなく不可もなく、親友のエピと優しい兄みたいなツレキに友達のクランペットや、旦那様及び、その他大勢とともに館に住む。
特に可もなく不可もなく、きっとこのまま日々過ごしていくと思っていたのに、親友に髪を切ってもらってから日常が変わり始めた…。

□人物
クープ(名前・一人称・目・髪型・服装・肌色等変更可能)
主人公の女の子。
孤児で、子供の頃の発熱が原因で口がきけない。
自分そっくりな人形を大切に持ち歩いている。

クランペット
主人公の幼馴染。王子様系おぼっちゃま。
空気……読まない。
最狂伝説(ゴクリ…)

ツレキ
主人公とクランペットの幼馴染。
バノックに恩があり忠実に仕えている。
脚フェチ。

エピ
主人公と同室のメイド。親友。
空気……読めない。
赤毛のそばかすっ子。
百合ルートもあるよ!

バノック
下級貴族。
クランペットの父親。
攻略不可なのが、いまだに信じられない(涙)

謎解きパートをクリアして、あめくれ屋の常連になってからが本当の戦いです!
まっさらなデータから、もう一度コンプするのは無理な気がして仕方がない…!という位の難易度ですヽ(;▽;)ノ
私がへっぽこというのもありますが。
主人公の髪型や服装が選択できて、周りの反応が変わったりゲームの展開にも影響があったりで奥が深いです。
メイドが館でオフィスラブな乙女ゲーと思いきや全然違った!
なかなかえげつない展開もあり、そのさじ加減が絶妙でクセになります。
ツレキはマジで嫁ですが、第一夫人は旦那様です!(曇りなき眼)
ではネタバレありの感想は続きからどうぞ。

スポンサーサイト



「夜は小さなふたりのために」感想 - 2016.01.24 Sun

夜は小さなふたりのために

明けましておめでとうございます。
1月も終わろうとしていることは気にしないことにします。
年末にロゼ倒産を知り(遅!!)
ショックに打ちひしがれつつフリゲ三昧な日々を送っておりました。
久しぶりに個人的なクリティカルヒットな作品に出会えたので、紹介させていただきます。

『夜は小さなふたりのために』
乙女向けダークファンタジー短編ADV(15推)
プロキオン/藍原ユウキ様 (http://sasuraidog.sakura.ne.jp)

●あらすじ
吸血コウモリのトリスとレトは、夜を支配する高貴な吸血鬼・プルートの眷属として、何百年も一緒に暮らしてきました。
長い時間をかけて吸血鬼に劣らぬ魔力を身に着けたレトは、ある日、プルートの元を去り「独立」することを決意。
しかし、彼は、いつも一緒だったトリスに何も言わずに――たったひとりではるか北へ、別れも言わずに、行ってしまったのです。
しょんぼりしたトリスに、主人のプルートは「レトに忘れ物を届けてほしい」と命令しました。
トリスは小さな翼を懸命にはばたかせ、はるか北へ、たったひとり、レトを追いかけて行くことになったのです――。

● 登場人物紹介
●トリス(主人公/名前変更可)
 偉大な吸血鬼・プルートに眷属(使い魔)として仕えているコウモリの女の子。
 プルートが掛けた魔法によって、人型の姿に変化することができる。
 プルートの花嫁の世話係をつとめていた。同じ眷属のレトとは何百年も一緒にいる。

●レト
 主人公と同じく、プルートに仕えているコウモリの男の子。
 他のコウモリたちと比べて魔力・知能ともに優れており、仲間たちから一目置かれている存在。
 身体が小さくいじめられがちな主人公の事をずっと守ってくれていた。

●プルート
 主人公とレトの主人であり、偉大な吸血鬼。
 この世界に生まれた一番はじめの吸血鬼である「真祖」が自身の器とするために、自分の魔力から
 生み出した7人の兄弟(夜の世界ではこの兄弟のことを真血と呼んでいる)のひとり。
 自分の中にある残酷な衝動を恐れるあまり、
 衝動の元となる魔力を切り離して、レトのような分身を生み出した。
 気弱で優しい性格だが、怒ると怖い。
 数年前に「花嫁」として娶ったマリという女性を溺愛している。

●ハティ
 主人公やレトと同じくプルートに仕えるコウモリの女の子。
 おしゃれで気取り屋、少々ヒステリックだが裏表はなく、正々堂々とした性格。
 レトの事が好きでアプローチをかけるもののいつも冷たくあしらわれており、
 可愛がられている主人公の事をライバルだと思っている。

●クロー
北へ向かう旅の途中でトリスを助けてくれた狼。
元々人間だったが魔女に呪いで狼にされてしまい、元に戻る術を探している。

●イリヤ
北の街でお姉さんと二人で暮らしている人間の女の子。
悪い魔女にさらわれたお姉さんのマリヤを助けるためトリスとクローに同行する。
心優しい美少女だが、とても勇敢。

(公式様より)

2012年に公開した短編ADV「贄の羊に牙を立てて(R15)」に登場した
サブキャラクター「トリス」を主人公にしたスピンオフ作品とのことです。
前作未プレイでも問題なく楽しめました。無論、贄牙も後日改めてプレイさせて頂きましたが。
いきなりコウモリの立ち絵がどどーんと現れたときはたまげましたが、
だんだんコウモリにキュンとするようになってきまして……
そんな風に気持ちが変わってきたそばから可愛い女の子の姿に早変わりしたので
完全に♥を奪われましたぜ…!
とにかくトリスちゃんが可愛い…!あまりの可愛さに悶えました!!
ワンピースとドレスの立ち絵差分があって芸が細かい…!
萌えをありがとうございます♥
おまけシナリオの後日談は右下のアイコンから入れます。
全く気づかず、公式サイト様のブログから存在に気がつきました。
これも大変ときめくのでやらなきゃ損です!!

ネタバレ感想は畳んでおります。

「冠を持つ神の手」感想 - 2013.02.28 Thu

年下彼氏

毎度のことながら亀更新ですみません。
拍手有難うございます!励みになります!!
文だけなら、きっと、もっとまめに書けると思うのですが、
ハマると絵も描きたくなる乙女心です。
よって、世間様の旬の話題についていけてません…。
ゆるゆるとお付合い頂けると幸いです。

年末年始はかもかてに夢中でした♥

『冠を持つ神の手』(通称:かもかて)
今更紹介するまでもないですが、小麦畑様(http://wheat.x0.to/)が制作されたフリーゲームです。

■あらすじ■
アネキウス暦7403年、三足族の王国リタントは五代リリアノ王の御世であった。
六代継承者ヴァイルの成人を来年に控え、王城は譲位の準備が進められる忙しい年を迎えたのだが、ここで一つ大きな問題が発覚する。
選定印の持ち主がもう一人見出されたというのだ。しかも赤子ではなく、ヴァイルと同じ14歳の少年が。
リタントの王位継承の正当性は唯一選定印をもって保証される。身分も血統も関係なく、印を額にもって生まれてくることのみが、神の御手にある冠を受け取る証なのだ。
その少年の証が真実であるならば、放置しておく訳にはいかない。他の者が彼を擁立すれば、国を割る原因になりかねない……。
かくして少年は王城へと導かれ、彼らの庇護の元、成人までの一年を過ごすこととなる。
闖入者であるところの少年が城へと投げかける波紋はどんな形を成すのだろうか。 (公式HPより)

割合、公開直後にフリー版をDLしたものの、難易度高そうだな~と1年くらい放置していました。
ある時思い立って、評判の良いタナッセ愛情に挑みましたが、キャラなしEDに撃沈しました。
何という無謀、実にありがちです!
そこで攻略支援版購入に踏み切りまして再度タナッセにアタック(死語)しましたが、婚約解消され、またもやキャラなしED!!(涙)
流石に心が折れて、ずっと放置していましたが、原稿疲れで魔がさして手を出してしまいました。
こんな時に限って念願のキャラEDも見れてしまい、まんまとすっ転んでしまいました!
評判に違わず神ゲーです!
主人公の行動次第で人の生き死にまでも変わってしまうシビアなところが楽しいです。
ジルオールの人間関係に通ずるところがあると思います。
と言っても、チキンハートかつへなちょこなため憎悪や殺害はほとんど見れてませんが。
一番既読率の高いタナッセですら72%…。
永遠にコンプできなさそうなので、途中ですが感想載せておきます。
後々こっそり変えているかもしれません。
押しメンはルー様と、悔しいですが(笑)タナッセです。

キャラ別感想は続きからどうぞ。

近況とか… - 2012.04.29 Sun

竜壬と史亜

書き溜めておいた非日常クアルテットの2人を一月さんが色塗ってくれました(^^)
久しぶりのフォトショでこのクオリティー!
線画が残念な感じなことが悔やまれます。

マーシエアンソロ原稿が目途がつきそうなのでCZの話を真剣に考えなければなりません。
いえ、描きたい話は本2冊分ほどまとまっているのですが、今からではマジ無理1000%のボリュームなので、実現可能な枚数の話を考えなければなりません。世知辛いです。
ドラマダもオペラ座も開封できそうにありません…!

CZ布教、ひいては原稿描いてくだされと下心ムンムンで一月さんに円ルートをやってもらったのですが、彼女の手によってボーナストラックのAnother Epilogueなるものが発見されました。
そうなのです。全っ然、これっぽっちも、気が付きませんでした!!なんてこった!
普通の世界と壊れた世界での後日談がそれはもう濃厚に描かれているではありませんか!
っていうか、どれだけおまけが充実してるんですかこのゲーム!!ふおおお!
レインがいないのだけが残念ですが…。
円がやっぱり輝いていましたが、皆良かったですvv
本編中でモヤッとしていたことをほとんど代弁してくれてて、もはや創作しなくてよいんじゃないかと思ってしまいました。
鷹斗と円の関係とか帰還ルートでの円がずっと抱えてきたものとか…!
残留エンド後のあれこれはなかなかにネタが被ってしまったのでどうしようかなー…、と思いますがエピローグを見た後では原作が素晴らしすぎてとても思いつく度胸のない話ではあるので、若気の至りということで本にするかもしれません。後回しで…。
撫子ちゃんがいい女過ぎて改めて惚れ直しました。

まったく関係ありませんが、まどマギまとめ見しました。最高でした。
噂には聞いていましたがこれほどとは…!
さすが虚淵先生+シャフトクオリティー!!

非日常クアルテット - 2012.03.11 Sun

あまたのあたま

ご無沙汰しております。
また広告を出してしまうという体たらく。ぐぐ…、無念です…。
うかうかしてると1月なんてあっという間ですね!
公花カレンダーを無事に寄稿した後は神学校FDやCZに夢中でした。
神学校FDは値段の割にあっさり風味で少し残念でしたが、マイエンジェルガビィの奇跡とロブジョシュの渾身の作品に心が洗われました。
醤油顔のお方は立ち絵だと「ふーん」というテンションでも、スチルだとはっとさせられるパターンが多いと思います!
3月には逢魔が時、ドラマダ、オペラ座が届く予定ですが、ラブコレに申し込むとなると断腸の思いで封印するほかなさそうです…。

ではお約束(?)のフリゲ紹介です。
『非日常クアルテット』Water colors -games-  ayako様
http://watercolors.sakura.ne.jp/games/

■あらすじ■
弓桐史亜は平凡な日々に退屈していた。
しかし同じクラスの ある人物に興味を持ち始めたことから、
その生活は変わっていく。
術師?
式?
仕来り?
日常から、非日常へ。

■人物紹介■
弓桐史亜(主人公)
退屈な日々に飽きて、面白いことが起らないかと、常々期待している高校1年生。
天邪鬼で対抗心や反発心が強い。
普段は適当だが、興味を持ったことには行動的になる。

数多カケル
男子とは普通に接しているのに、女子に対してはやけに無愛想で冷たい。
しかし同じクラスの奈敷とは普通に会話をしている。

竜壬サダカ
優しくて女子に人気があり、甘いセリフもためらうことなく口にできる。

東弥タツジ
明るくうるさいお調子者。
なにをやってもかっこよく決まらない。
可愛い彼女がいるらしい。

奈敷アカリ
成績優秀でスポーツ万能なクラス委員長。
美人でスタイルもよく、非の打ち所が無いが、性格がキツイ。

碁松風乃
主人公の友達。
恋愛に興味津々で、竜壬が好き。
変な発言が多い主人公のツッコミ役。

■感想■
和風で制服バトルというだけで血が騒ぎます!
Water colors -games-様のゲームはどれもお勧めですが今作は特に素晴らしいです!
アイズポイントシステムがなかなかやっかいですが、2週目以降は親切設計で攻略に困ることはまずありません。
プレイ後はおまけや製作者様サイトのイラストと小説にときめくこと間違いなしです(握りこぶし)

ネタバレキャラ別感想は追記からどうぞ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

銀緑

Author:銀緑
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

フリーエリア

Studio F# 魔法使いとご主人様アンソロジー

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

カウンター