FC2ブログ

2020-04

ポルトガル旅行② - 2015.07.05 Sun



こんにちは。
波に乗っているうちにブログ更新しようと思います。
最近フォトブックが存外お安く作れることを教えてもらったので、
一大奮起して作ろうと思っております。
後日、144Pの超大作作りました!アップロード大変でした。重くて。
タイトルミスるは同じページ2枚あるわで散々でした。
職場に持って言ったらカバー早くも折れてしまい心も折れました(泣き)
ではサクッと旅行記いきます。

■5日目■
世界遺産ポルト歴史地区観光。
駆け足の観光だったため教会入場できなかったり、
世界で一番美しい駅舎に選ばれたサンベント駅に寄れなくて誠に遺憾です…!
ポートワイン工場の見学とかどうでもいいから…!!
工場の目の前の風景は素敵でした♥(写真①)
ハリポタのロケにも使われた書店レロ・イ・イルマオンに行きました。(写真②)
観光客の撮影会が凄まじかったです。
PMアベイロの駅舎へ。(写真③)なぜサンベント駅ではなくここに立ち寄る!?
30分くらい自由時間でしたがやること無さ過ぎて疲れました…。

■6日目■
ロカ岬へ。ユーラシア大陸最西端の岬で、
ポルトガルの詩人ルイス・デ・カモンイスの叙事詩『ウズ・ルジアダス』第3詩20節の一節
「ここに地終わり海始まる(Onde a terra acaba e o mar começa)」を刻んだ石碑が立っています。(写真④)
常に強風が吹き荒れており、最近ポーランド人の家族が訪れ子供が大西洋に落ちたそうです…。
ユーラシア大陸最西端到達証明書GETしました(^^)
世界遺産シントラへ。
様々な様式が取り入れられたペーナ宮殿に行きたかったのですが、王宮にしか行かず、がっかり…。
午後は世界遺産エボラ歴史地区へ。(写真⑤)
比較的土産屋が多くコルク製品やポルトガルの伝統的な民芸品ガログッズを購入しました。
ペストや戦争でで亡くなった人骨を装飾に使ったサンフランシスコ教会が衝撃的でした…!
骨を飾るのはキリスト教のメメント・モリ( memento mori)
「自分が(いつか)必ず死ぬことを忘れるな」「死を記憶せよ」と言う警句から来ているそうです。

■7日目■
リスボン観光。
世界遺産ジェロニモス修道院はちょうどポルトガルの日だったため有料の中庭しか入れませんでしたが、
2階の扉をうっかり閉め忘れていたようで中を覗くことができました(写真⑥)
中庭も美しかったです。
エッグタルトの元祖、パステル・デ・ナタ(ポルトガル名)の老舗、
Pasteis de Belem パステイス・デ・ベレンのナタは大変美味でした♪
ホテルのバイキングに出てきたナタは甘すぎて食べられませんでしたが、これはいける!!
リスボンの路面電車乗りましたが、短距離過ぎて何が何だかでした。
落書きもひどかったです。台無しです…!
■8日目■
移動日。ドバイ乗り継ぎが時間なさすぎて、荷物が成田に届きませんでした…!
洗濯物がえらいこっちゃでした。



7月の連休に弾丸でヘルシンキ行ってきます☆
楽しい旅行が終わったら原稿に明け暮れます。
スポンサーサイト



ポルトガル旅行① - 2015.07.04 Sat

ブギウギポルトガル

ご無沙汰しておりますという挨拶が様式美になりつつあります。すみません。
6月にポルトガルに行ってきました~。
今年こそバルト3国に行くんだ!と気合入れていましたが、
パンフレットに書かれていた移動距離が凄まじく勇気が出ませんでした…。
というわけで日本の国土の1/5というポルトガルをセレクトしました☆彡
コンパクトですが世界遺産わんさか!
写真が前半に集中しているのは1日ごとに書こうとした名残です…。
根性なし故、写真の編集で心が折れたのでさらりと書かせていただきます!
はりきってCZExtime持っていったのに初めて触ったのが帰りの電車(国内)でした…。
コンプしましたよ。

■1日目■
海外旅行先としてファーストチョイスしないであろうポルトガルなので、
案の定、同じツアーに若者がおりませんでした。
最年少と自負した!
ナリタ→ドバイ乗り継ぎ→リスボンへ
ドバイまで10時間40分+リスボンまで8時間20分という長旅にヘトヘトです。
水の配布が少なく「み、水…」状態でした。ドバイの空港はおびただしい数の駱駝グッツが(笑)(写真①)

■2日目■
着いてそうそう白い村オドビスへ。(写真②)
白い壁と綺麗なお花にテンション上がりました!
アズレージョ(タイル)が壁いっぱいに敷き詰められていて感動。
大西洋の海岸が高台から一望出来るナザレへ。(写真③)
試食したピーナッツサブレが美味しかったので即買したら
スーパーで0.5€安くで売っていた…!Σ(゚д゚lll)

■3日目■
アルコ川とバッサ川が流れるアルコバサへ。
世界遺産アルコバサ修道院が寂れ気味な街中にどどーんと鎮座したまげました。
外はいい感じにくたびれていましたが中は綺麗でした!シトー会なので地味目ですが。
現代アートとコラボしていてオシャレ。(写真④)
バターリャへ。
イスラム教徒との戦いの場。ポルトガル語でバターリャは戦いの意。
世界遺産バターリャ修道院はアルコバサに比べて中もごてごてしていて好みでした。
予算オーバーのため、建設が途中で終わっています。(写真⑤)だが、そこがいい!
トマールへ。
世界遺産トマール修道院。(写真⑥)
外はやたら暑かったです。
協会内で男性デュオの無料コンサートやっていてすばらしい歌唱力でした!
特殊な訓練を経て去勢なしで天使の歌声を取得するのだそうだ。
15€のアルバム買いそうになりました。買いませんでしたが。
コインブラ市内観光(写真⑦)
世界遺産コインブラ大学へ。
黒マントの女学生が写真撮影していて可愛かった///
学部によってマントの色が違うとのこと。
ポルトガルの大学生はオール5の一部の精鋭しか入学できないらしく、
卒業生は諸外国に引く手数多だそうです。

■4日目■
イスラエル、バチカンに次ぐ巡礼地世界遺産サンチャゴ・デ・コンポステーラへ。
片道200km以上の道のりしんどい…。
記念すべき初スペイン!
スペインのパンは外カリ中フワで美味しかです(´▽`)
あと女の子がめんげえ!!!
大聖堂は修復中でした…。
世界遺産ギマランエスへ。
サンチャゴ・デ・コンポステーラが遠すぎてもう夕方です…。
だがしかし、めちゃめちゃ暑かったです。39℃を記録…。
異常気象と思いきや、内陸部のため平常通りだそうです。過酷…!
お祭りのパレードやっていて暑さで朦朧としながら、
かわいい少年少女ウォッチングに勤しみました。(不審人物)

つづく!


コペンハーゲン旅行記② - 2014.10.26 Sun

コペンハーゲン2

早速天宮珠玉クリアしました!
良かったのですが、予想の範囲内の展開といいますか、無印のような感動はなかったです。
逆注目に期待します。
響也、冥加の逆注目見ようと思ったら攻略不可になってしまいました。
ステータス制限あるのでしょうか??

そのまま放置しかねないので旅行記の続きです。
写真:ロスキレ大聖堂裏手→コペンハーゲン中央駅→チボリ公園(2枚)→運河クルーズ→救世主教会→ローゼンボー宮殿→市庁舎→イヤマ

10/12
ロスキレ→コペンハーゲンの帰りの列車を間違えて逆方向に行ってしまうハプニングがありつつも何とか戻れました。
どうせ、間違えたのならオーデンセ(アンデルセンの故郷)にそのまま行ってしまおうかとも思いましたが、日没が早く施設が閉まるのも早いので潔く諦めました。
中央駅着後チボリ公園へ。
昔は春、夏しか開けていなかったそうですが、今はハロウィンやクリスマスを盛大にやるそうです。
とことんかぼちゃで可愛かったです。ネズミーランドも目じゃないんだぜ!
何より子供たちがハロウィンの仮装をしていて楽園やで!!!
マイエンジェル♥
富士急ばりの絶叫系の乗り物が多く見ているだけで酔いそうになりました…。
夜はライトアップして綺麗なのですが、どんどん気温が低下してきたので、ホテルにすごすご帰りました。

10/13
月曜は閉まっている施設が多いので、AMの自由時間は「3日でまわる北欧in コペンハーゲン」という本で、現地の方々が熱烈にプッシュしていたクリスチャニアに行きました。
最寄りの地下鉄の駅が遠かった…。
クリスチャニアは写真NG。スプレーアートでアバンギャルドな感じです。
昔ながらの街並ラブなので期待外れでしたー。
平日、通勤で忙しいはずなのに、迷っていたら声をかけてくれて、デンマークのおばさまは本当に親切でした///
朝早かったので中に入れなかった救世教会の外観をパチリ。
レンガ造りは趣があっていいですね。
戻ってから添乗員さんたちの街歩きに合流し運河クルーズへ。
あいにくの天気で寒かったですが陸とは視点が違うので楽しめました。
途中から電気系統のトラブルでイヤホンガイドが聴けなくなってしまい、船頭さんが一生懸命英語で解説してくれたのですが、さっぱりでした~。
英語勉強しようと海外行くたびに思います…。
その後ローゼンボー宮殿へ。宮殿内は絢爛豪華。
調度品や宝飾品が凄すぎました…。
何かの資料にと王座の写真を撮ったのですが、ライオン像が侍っていて面白かったです(^^)
堪能したら、ロイヤルコペンハーゲンティールームでお茶したりデパートを見たり子供向きの絵本ショップ、マリメッコへ行きました。
激しい雨が降ってきてしまいまして、子供たちの可愛いレインコート姿にときめきつつも逃げるようにホテルへバック。
スニーカーがびしょびしょになってしまい疲労感でいっぱいでした。
ドライヤーや新聞紙を駆使し激闘の末何とか乾かすことに成功しました…。

10/14
自由時間AMのみでCPHカードの期限も切れているので、徒歩圏内のスーパー巡り、無料で入れる国立美術館、市庁舎内見学しました。
ミュージアムショップで売っていたクマの顔の帽子とマフラーと手袋がセットになったアイテムが可愛かったのですが完全に子供用で頭に嵌らなかったので泣く泣く諦めました。しゅん…。
市庁舎内にCPHグッズを販売しているショップがあるのですが、センスよく物価の高いデンマークではお手頃価格なのでお土産探しにおすすめです。現地ガイドさんから店員さん(市役所職員?)が無愛想と聞いいておりびくびくしていたのですが、にこやかに対応してくれました(^^)
空港でスウェーデン名産のダーラナーホースを買いました。
デンマークの国旗が入っていて可愛かったです。

少ない日数でしたが濃い内容で満足の旅行でした。
来年はバルト三国に行きたいです!ラトビアのミトンが買いたい…。

デンマーク旅行記① - 2014.10.25 Sat

コペンハーゲン1

グ アフテン!
AS天音の誘惑に打ち勝っていられるうちにデンマーク旅行記です。
10/11~15の間にデンマーク旅行に行ってまいりました。
コペンハーゲンに3日連泊の某ツアーです。
筋金入りのムーミンファンなので初めての北欧はフィンランドだろうと思っていたのですが、
街好きとしてデンマーク大満足でした///
写真:ホテル→ニューハウン→人魚姫の像→衛兵交代式→フレデリクス教会→教会周辺の街並→ロスキレ大聖堂(3枚)

10/11
スカンジナビア航空の直行便でコペンハーゲンへ!
海外旅行で職場用の良いお土産が買えるか博打なので、
成田空港でも必ず買います(邪道)
今回はじゃがポックル買いました。免税で買えるのでお得です。
スカンジナビア航空はアルコールや初回以外のソフトドリンクは別料金という
ショボ目な機内サービスですが、食事の美味しさ、緑茶、紅茶の美味しさはトップクラスだと思いました。
JALやANAより美味…!ご飯の量は少ないのでひもじいです。おやつ持ち込んでおいて命拾いしました。
12時間弱でコペンハーゲン着。北欧は近くて良いですね。
気候は日本の11月下旬程度でしょうか。極度な寒がりですが思ったよりも大丈夫でした。
自転車普及率が高く自転車専用レーンでロードレースが繰り広げられていました!オランダレベルです。入り込めん!
街の中心部から徒歩圏内のスカンジックコペンハーゲンという宿泊ホテルへ。
部屋がアートな感じでテンション上がりました。
初日イヤマ(高級スーパー)とタイガー(デンマークの100円ショップなのですが、円安の為、実質200円するので日本の店に行った方が良い)に行きました。可愛いイヤマちゃんグッズにはときめきましたがタイガーは原宿の店舗に行った時と同様琴線に触れませんでした。
デンマークの物価は高いです。
500mlのミネラルウォーター300~400円、マックのセット1500円、夕食4、5000円といった具合です。
はわわ!

10/12
AMはガイドさんと観光ゲフィオンの泉→ ニューハウン→クリスチャンボー城→人魚姫の像→アマリエンボー宮殿をまわりました。コペンハーゲンの子供の可愛さにハアハアしつつ。
北欧の女の子めんげぇ!!プラチナブロンドペロペロ。
訴えられたら困るので写真は公開いたしませんが。
お洋服もこりゃまた可愛いんですよ!フランス観光の時以上に興奮しました。(危険人物)
アマリエンボー宮殿では衛兵交代式を見学!熊の毛皮の帽子だそうですよ奥さん!
冬は寒くて夏は暑くて過酷ですが人気みたいです。女子もなれるとか。
人魚姫の像は夏は激しい早大戦が繰り広げられるそうです。閑散期で良かったです(^^)
人間にも人魚にもなれないアンニュイな感じが伝わってきました。
近くに17歳の女性をモデルにした肉感的な人魚姫像もありましたがバスはスルーしていきました(笑)いい乳だった。
デンマークは外側がレンガの建物が多くて素敵です!
地下資源に乏しくても土だけは豊富にあったためレンガの建物がどんどん建てられたそうです。
PMはデンマークの数少ない世界遺産であるロスキレ大聖堂を見学しに郊外へ。
コペンハーゲン中央駅はかなり広くてさまよい歩きました。
英検4級レベル(中2の時3級に落ちて挫折☆)の英会話で何とかホームにたどり着けました。
ロスキレは出歩いている人が少なくおどおどしてしまいましたが、壮麗な大聖堂に大満足でした。
昔の王と王妃の眠る石棺が独特な雰囲気を醸し出していました。パンフは残念ながらノージャパニーズ。
外側も壁を伝う葉が紅葉してて、あら素敵!
コペンハーゲンカードで電車代、入場料カバーできます。

つ・づ・く!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

銀緑

Author:銀緑
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

フリーエリア

Studio F# 魔法使いとご主人様アンソロジー

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

カウンター